未分類

由伸監督はサービス精神ゼロ!?巨人、深刻ファン離れであの人に復帰ラブコールが

20161006kyojin

 セ・リーグでは広島が2位の巨人に17.5ゲーム差の大差をつけて優勝。一方、パ・リーグでは日ハムが最大11.5ゲーム差をひっくり返す大逆転劇を飾った。

 こうしたなか、セ・リーグの観客動員数は1384万8988人で、史上最多を更新。パ・リーグも日ハムが主催試合の観客動員数が2000万人を超えるなど、全体で見ても微増となった。

 巨人所属選手(当時)に端を発す「野球賭博問題」に揺れ、開幕も危ぶまれた今季のプロ野球だったが、結果的には大きな盛り上がりを見せることとなった。

 だが、今季セ・リーグ2位に終わった巨人の球団関係者は“ファン離れ”に強い危機感を募らせている。

「9月27日に東京ドームで行われた中日戦の入場者数は2万5397人と史上最低動員を更新した。来場者全員にレプリカユニホームを配ったが、内外野ともに空席が目立ちました」

 巨人は高橋由伸新監督のもと「一新」をスローガンにシーズンを戦ったが、エースの菅野智之が9失点KOされるなど不調。またチームの課題であった打線も貧打は解消されないまま、投打に精彩を欠いた。

「高橋監督もマスコミに多くを語らず、サービス精神はゼロ。しかも勝てない。これではファン離れはますます加速する一方です」(スポーツ紙記者)

 体たらくの巨人には不満の声が噴出しているという。前出の球団関係者が続ける。

「今の巨人はダメですよ。17.5ゲーム差を離されての2位は話にならない。ここからチームを再建するのはいばらの道です。由伸に監督を任せたのも時期尚早だった。しかし、適任者もいないのが現状だね」

 3年契約を結ぶ高橋監督は来季も続投するが、水面下では次期監督擁立の動きも始まっていると、前出のスポーツ紙記者は耳打ちする。

「本来なら松井秀喜が快諾してくれればいいのですが、ナベツネさんがいる間は100%ありえない。関係者の間では原辰徳元監督の“再登板”を熱望する声も聞かれます」

 球界の盟主・巨人が輝きを取り戻す日はいつになるのか。

関連記事

  1. 柔道・松本薫の“野獣”ぶりは母親譲りだった!?驚くべき両親の結婚…
  2. <アップアップガールズ(仮)>“7人最後”のCD発売 初回限定盤…
  3. ドリフ、タモリ、江頭2:50…その時、歴史的な「放送事故」は起こ…
  4. サンスポ、水戸正晴の万券を生む血統論「アスカノロマンが巻き返す!…
  5. マーベル巨匠スタン・リー最愛の妻、死去
  6. 『サマーウォーズ』コラボカフェスタンド限定オープン!この夏、スカ…
  7. 天才テリー伊藤対談「権藤博」(3)結果として面目は保てたと思いま…
  8. 「ポケモン」サトシ声優・松本梨香、20年の歴史を思い号泣!

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP