広瀬すずとの共演作を後悔?宮崎あおい、事務所移籍の裏事情

,,,,,,,,,

 4月25日発売の「女性自身」が、宮崎あおいが所属事務所を移籍していたと報じた。かねてから宮崎は、事務所関係者との間に確執があったという。

「記事によると、3月末に宮崎が所属していた『ヒラタオフィス』の社長が交代したそうです。しかし宮崎は新社長・A氏に根強い不信感を抱いており、彼のもとで仕事をすることに対して拒絶反応を示したことが移籍につながったとのこと。新事務所は系列としては同じのようですが、社長は長年、宮崎のマネージャーを務めている人物で、仕事の方針はかなり異なっているそうです」(芸能記者)

 宮崎が元所属事務所のA氏に不信感を抱いた原因は、強引な仕事の進め方にあるようだ。05年、中島美嘉とW主演した映画「NANA」は、大ヒットを記録したものの、彼女は続編に出演することはなかった。この時、2人の間には大きな衝突が起こっていたという。

「宮崎は役柄にこだわるタイプなので、『NANA』で描かれる主人公のベッドシーンや妊娠させられる描写に共感できず、続編は断ったとのこと。しかしA氏は、彼女の意向を無視し、強引に出演話を進めようとしたことで衝突してしまったようです。宮崎といえば、広瀬すずなどが出演していた17年の映画『怒り』では、知的障害のピンク嬢役を演じましたが、上映会イベントで『自分は愛子ちゃん(劇中の役名)とまったく違う人間』『なんでやろうと思っちゃったんだろう』と出演を後悔するコメントし、話題になりました。もしかすると、この出演を決めたのも、A氏だったのかもしれません」(前出・芸能記者)

 今後、宮崎が新天地でどのような活動をしていくのか。さらなる注目が集まっていきそうだ。

引用元