【函館記念直前情報】サクラアンプルール活気十分

,,,,,,,,

 「函館記念・G3」(15日、函館)

 サクラアンプルールは、ダートコースを活気十分に周回。池上助手は「順調に来ていますし、ここまでは予定通り」と納得の表情でうなずく。2枠3番に「いい枠が引けてテンションが上がっています(笑)。田辺もこの馬は分かってくれている。立ち回りもうまい馬なので」と期待を込めた。

 重賞初Vを狙うトリコロールブルーは、函館の角馬場で丹念に体をほぐし、Wを軽快な脚さばきで1周半。藤本助手は「いつも通りの調教で、特に変わりなく順調です。不満も不安もないですよ」と歯切れがいい。パドックでスクーリングも行い、「イレ込んで2人引きすることが多い馬。確認できるのは競馬場に滞在する強みですよね。精神的に大人になったし、ベストの二千芝で」と意気込む。

 ブラックバゴはWへ。久保厩務員は「半年ぶりだけど、順調に仕上がったね。枠(1枠1番)がどうかだけど、そこはジョッキーに任せるだけ。木曜に量って(前走比2キロ増の)532キロ。もう少し絞れて臨めれば」と当日の馬体重を鍵に挙げる。スズカデヴィアスもWでキャンター。橋田師は「特に変わりないです。涼しいのはいい。今は充実しているし、それを維持できている」と好感触だ。

引用元