ウッチャンがみやぞん激励「無理だけはしないで」

ウッチャンがみやぞん激励「無理だけはしないで」

あらぽんの号砲でラン100キロをスタートしたみやぞん(中央)

写真を拡大

ANZEN漫才みやぞん(33)が25日、チャリティーランナーを務める日本テレビ系「24時間テレビ41 人生を変えてくれた人」で、番組史上初のトライアスロンをスタートさせた。同番組はこの日午後6時半開始。だがみやぞんの挑戦は本編前から始まった。「メレンゲの気持ち」(一部地域を除く)内の同日午後0時11分、山梨県の湖でスイム(水泳)1・55キロを始めた。1時間弱で完泳し「50メートル、100メートルしか泳げなかった自分が1キロ以上泳いだのだから奇跡です」。
バイク(自転車)60キロは午後4時20分開始。都近郊の施設で周回を重ね約4時間で完走も400メートル多く走っていた。「なんとか走り切りました。みなさんの応援があったから」。100キロ走るラン(長距離走)は同9時16分、都内でスタート。「暑さもごらんの通り涼しいので大丈夫」と余裕の笑顔で話した。
走り出す直前、日本武道館でカウントダウンが行われ、00年に活動休止した千秋、内村光良ウド鈴木のユニット「ポケットビスケッツ」が18年ぶりに1夜限りの復活をした。みやぞんが出演する「世界の果てまでイッテQ!」で内村と共演しており、実現した。
ポケビは「YELLOW YELLOW HAPPY」(96年)を披露。みやぞんがラン開始後、「POWER」(98年)も歌い後押しした。内村は「100キロは途方もないと思います。無理だけはしないで」と気遣った。総距離161・95キロ。みやぞんの挑戦は今日26日午後8時54分の番組終了まで、日本武道館でのゴールに向け、最大約33時間に及ぶ。【川田和博】

引用元