ポール「でら最高」日本ツアー最終公演で初名古屋

ポール「でら最高」日本ツアー最終公演で初名古屋

日本ツアーのファイナル公演をナゴヤドームで行ったポール・マッカートニー(撮影・KAZUHISA NIIZAWA)

写真を拡大

英歌手ポール・マッカートニー(76)が8日、愛知・ナゴヤドームで、日本ツアーのファイナル公演を行った。
66年にザ・ビートルズのメンバーとして初来日。今回がソロで7回目の日本公演で、名古屋のステージに立つのは初めて。
ザ・ビートルズ時代のヒット曲「ア・ハード・デイズ・ナイト」で幕を開けると、総立ちのファンに向かって左手の拳を何度も突き上げながら鼓舞。「どうも、どうも、どうも。こんばんは、名古屋」と日本語であいさつし、「新しい曲も古い曲もやる。みんなで盛り上がろう」と呼び掛けた。
9月に世界同時発売したアルバム「エジプト・ステーション」からも「フー・ケアズ」「カム・オン・トゥ・ミー」「ファー・ユー」の3曲を歌唱。「名古屋、でら最高」などの“お国言葉”で盛り上げた約2時間半のステージで37曲を歌いきった。
日本ツアーは、世界ツアー「フレッシュン・アップ・ツアー」の一環として、東京ドーム、両国国技館とナゴヤドームで4公演を実施。13万4500人のファンを大いに魅了し、「また会いましょう」の言葉を残してステージを下りた。

引用元