『ビッグスポーツ賞』羽生結弦、小平奈緒、パシュート4選手らが受賞

『ビッグスポーツ賞』羽生結弦、小平奈緒、パシュート4選手らが受賞

(上段左から)羽生結弦選手(フィギュアスケート)、小平奈緒選手(スピードスケート)(下段左から)高木美帆選手、高木菜那選手、佐藤綾乃選手、菊池彩花選手(スピードスケート女子団体パシュート)(C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 2018年のスポーツ界で優れた成績を残した個人、団体を対象とするJOC(日本オリンピック委員会)オフィシャルの賞である『第53回テレビ朝日ビッグスポーツ賞』の受賞者が発表された(選考の対象は、当該年1月1日から12月31日まで、JOC加盟競技団体)。表彰式は来年1月11日に都内で行われる。

 オリンピック、世界選手権大会などグレードの高い国際大会での優勝、内外競技会での世界新記録、世界最高記録の樹立といった優れた成績をあげた個人、団体に贈られる「ビッグスポーツ賞」。今月16日に選考委員会が開かれ、いずれも平昌冬季五輪で活躍した選手に贈られることが決まった。

 フィギュアスケート男子シングル・金メダルの羽生結弦選手、スピードスケート女子500m・金メダル&女子1000m・銀メダルの小平奈緒選手、そして、金メダルを獲得したスピードスケート女子チームパシュート日本代表(菊池彩花選手、高木菜那選手、高木美帆選手、佐藤綾乃選手)。高木菜那選手は女子マススタート・金メダル、高木美帆選手は女子1500m・銀メダル&女子1000m・銅メダルを獲得している。

引用元