KAT-TUN中丸雄一、出演番組をメンバーもチェック その反応は?

KAT-TUN中丸雄一、出演番組をメンバーもチェック その反応は?

中丸雄一、バカリズム、カズレーザー(C)テレビ朝日

写真を拡大

中丸雄一/モデルプレス=11月30日】KAT-TUNの中丸雄一がこのほど、都内スタジオで行われたテレビ朝日のバラエティ番組「家事ヤロウ!!!SP」(12月2日よる10:00〜)の囲み取材に、バカリズムカズレーザーとともに出席した。

同番組は、主婦が『夫にやってほしい』家事を、バカリズム・中丸・カズレーザーの3人が、徹底的に学んでいく本気の家事バラエティ。今回が初のプライムタイムでの放送となり、さまざまな芸能人や、MC3人の自宅での家事ぶりも大公開する。

◆中丸雄一、料理の腕前披露もバカリズムからツッコミ

収録直後に囲み取材に応じた3人は、収録を終えての感想を聞かれると、バカリズムは「いつもの『家事ヤロウ!!!』とはまったく雰囲気が違ったので、僕らよりもスタッフさんがかなりテンション上がっていた気がします」と分析してスタッフを笑わせ、「肩を回しすぎていた感じがありますね。あんなセットを組んで意気込んじゃって(笑)、だから極力我々はいつも見ている人たちにも『家事ヤロウ!!!』やってるなとわかるように、あまりテンションを上げ過ぎないようにしました」とコメント。

続けて「いつもは普通の主婦の方がやり尽くしてきたことを、まったく家事をやったことがない独身の我々が、初歩からやっていくというのが趣旨なんですけど、割と主婦の方が真似したいと思うようなことも入れてきて、僕らがついていけなくなっちゃった(笑)」と笑い飛ばし、中丸は「僕も(普段との)ギャップに驚きましたね。普段、感覚的にはネット番組的なラフな気持ちでやっていたんですけど、流石に今日はテレビだなって実感しました」と吐露した。

また、3人も自宅で料理している様子を公開したが、バカリズムとカズレーザーとは違い、きちんと料理している姿を披露した中丸は、バカリズムから「男子校で嫌われるタイプですよ」と嫌味を言われると、「それはありますけど、パンケーキに関してはけっこう好きなときがあって、パンケーキだけは得意なんですよ。ただ、この番組に関してはバランス調整が難しくて、下手なことできないなって感じましたね」と2人とレベルの違う姿を見せてしまったことに後悔をにじませた。さらにバカリズムから「女性芸能人に対するアピールがエグかったですね」と指摘された中丸は「いいところ見せたいなというのはありました」と素直に認めた。

披露したパンケーキのポイントを聞かれた中丸は「フルーツは旬なものを添えるだけで見栄えがよくなりますね」とポイントを明かした。

◆中丸雄一、メンバーからの反響は?

また、今回多くの女性芸能人が自宅での料理姿を披露したが、マネしたい料理を聞かれると、バカリズムは「マネしたいとは思いませんが、ああいうことができる人と結婚できたらなということですよね。ああいう奥さんがいたらいいなあっていうのはVTRを見ながら思っていましたね」と胸の内を明かし、中丸も「見ていて好感度が上がりますね。あと意外と憧れるのが、田中(美保)さんみたいな、ながらでやるくらいの方が、本当に普段からやっているんだなと思えて素敵だなと思います。(結婚の)お相手としても最高だし、自分もあれくらいできたらいいなと思いますね」と語った。

さらに、自身の周りで同番組について反響があるか尋ねられると、中丸は「メンバーは見てくれていますね。亀梨(和也)君はゆで卵の(殻からの)出し方とか現場で実践していましたね」と打ち明け、カズレーザーから「それはもっと言ってくれないと、大声で」と言われると、「ジャニーズ絡みで情報があったらすぐに出します」とコメント。続けてカズレーザーは「(亀梨が番組を)大絶賛まで言っていい」と提案すると、バカリズムも「せっかく友だちなんだから」と同調して笑いを誘った。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】

引用元