事件の質問は自粛求める、NGT荻野ら鮮やか成人式

事件の質問は自粛求める、NGT荻野ら鮮やか成人式

成人式を迎え晴れ着姿で笑顔を見せるNGT48メンバー。左から中村歩加、荻野由佳、加藤美南(撮影・足立雅史)

写真を拡大

AKB48グループが14日、東京・神田明神で、恒例の合同成人式を行った。今年は国内外7グループの最多45人が成人を迎える世代。体調不良で欠席したSTU48三島遥香(20)を除き、44人が晴れの舞台で成人の儀式に臨んだ。
注目のセンターは、昨年の世界選抜総選挙で4位に入り、NGT48でもシングル曲のセンターでもある荻野由佳(19)が務めた。赤地に白と、グループ愛を象徴するような振り袖姿で、「NGT48の大人メンバーの仲間入りをするということで、メンバーに引っ張れるように頑張りたい」と誓った。
20歳になるのを機に、家族からは自立を求められているという。「税金だったり、いろんなことを自分でやらないといけなくなってしまうので、大人としての自覚を持ちたい」。さらに、「20歳になったら、人生初のショートカットに挑戦したいと思います!」と、人生の節目に大胆なイメージチェンジに挑戦すると明かした。
昨年12月、NGT48山口真帆(23)が男らに自宅を襲われる事件が影を落とす中で開催された。主催者側は「一生に1度の晴れ舞台なので」と、メンバーへの事件関連の質問の自粛を求めた。NGT48からはこの日、荻野のほかに加藤美南(19)中村歩加(20)が出席した。翌15日に20歳の誕生日を迎える加藤は「NGT48も先日、3周年を迎えました。大人のメンバーとしても自覚を持って頑張りたい」、中村も「自覚、自信、自律をもって、大人の魅力を出したいと思います」とそれぞれ決意を語った。

引用元