「10年後、20年後君は何をやっているのかな?」浅野忠信が心をえぐる 『チワワちゃん』本編映像解禁

「10年後、20年後君は何をやっているのかな?」浅野忠信が心をえぐる 『チワワちゃん』本編映像解禁

 映画『チワワちゃん』より、謎のカメラマン・サカタ(浅野忠信)がチワワ(吉田志織)を追い詰めるシーンがおさめられた本編映像が解禁となった。

 「ヘルター・スケルター」や「リバーズ・エッジ」など、80 年代〜90 年代にかけて時代を代表する多くの人気作を手掛け、今なお熱狂的な支持を受ける漫画家・岡崎京子が 1994 年に発表した「チワワちゃん」。時代を超えて愛される傑作青春物語が、若手実力派キャストと弱冠26歳の新鋭・二宮健監督により新たな青春のバイブル、映画『チワワちゃん』として1月18日に公開となった。

 SNS上では作品を鑑賞した方々から絶賛の声が相次いでおり、「一瞬の眩しさが幻みたいな女の子だった……愛に飢えてて いつも笑ってるけどすごい寂しそうで、儚げなチワワちゃんの存在感に泣いた」、「チワワちゃんとその周りの人達が繰り広げる極彩色の青春が見てて眩しかったしどこか寂しい感じがしました」、「オープニング最高すぎて中毒になる映像ドラッグ」、「チワワちゃんめちゃくちゃよかった〜〜脳内麻薬がやべえことになった、いますぐもっかい観たい、いや何度も観たい」など作品への賞賛とタイトルロールであるチワワの魅力に対する声が数多く見受けられる。

 そしてこの度、そんなチワワを浅野忠信演じるベテランカメラマン・サカタが強烈に口撃するシーンが解禁となった。映像では撮影スタジオで村上虹郎演じるナガイとチワワがじゃれ合う中、サカタが颯爽と登場。圧倒的な存在感で無言の空間を作り出すとチワワを無言で見つめるサカタ。

 そこまで常に笑顔だったチワワの顔からいつもの笑顔が消え、初めて素の表情が垣間見える。そしていざ撮影が始まり何枚か立て続けに撮影したあと、サカタはチワワに、「今、人より少し可愛いってだけで俺の前に立ってるけど、10年後、20年後君は何をやっているのかな?」と痛烈な言葉をぶつける。面食らったチワワは何かを言い返そうとするも「考えているわけないよね」と更に重ねて追い詰めるシーンとなっている。果たしてこの後この2人の関係性がどうなっていくのか……。

ストーリー

 SNSが普及した現代の東京。ありったけの若さを謳歌する男女のグループ。そのマスコット的存在だった“チワワちゃん”が、ある日バラバラ遺体となって発見された。残された仲間たちが集まり、それぞれがチワワとの思い出を語りだすが、分かったことは誰もチワワの本名も境遇も本性も知らないままバカ騒ぎしたり、恋愛したり、エッチしたりしていたということだった—。

(C)2019『チワワちゃん』製作委員会

引用元