内田有紀、23年ぶり司会で大はしゃぎ!? 堺正章が太鼓判「この人やるな」

内田有紀、23年ぶり司会で大はしゃぎ!? 堺正章が太鼓判「この人やるな」

女優の内田有紀が、2月11日に放送されるTBS系音楽特番『歌のゴールデンヒット〜昭和・平成の歴代歌姫ベスト100〜』(19:00〜23:07)で23年ぶりに司会に挑戦。このほど、同局で行われた収録に参加し、ともに司会を務める堺正章宮迫博之(雨上がり決死隊)とそろって取材に応じた。

5回目となる今回のテーマは「歌姫」。日本の音楽シーンを時代ごとに彩ってきた数々の歌姫たちを、歴代シングル総売り上げ枚数ランキングにして、ベスト100位〜1位までを一挙公開する。またスタジオでは、ランキング発表以外にも、歌姫によるヒット曲の歌唱や、知られざるエピソードも合わせて披露する。

司会は、おなじみの堺と宮迫に加え、テレビ番組の司会は23年ぶりとなる内田が決定。内田は終始笑顔で楽しそうに収録に参加し、「はしゃいでしまいまして、途中からは司会をしているんですけど、お二人の間でひたすら楽しんでいたという印象でした」と振り返った。

堺は、内田の司会ぶりを「こんなにいける人だとは思わなかった。うるさいくらい、頑張ってくれた。新しい世界が内田有紀さんに生まれるかな」「ちゃんと主張があったり、楽しみ方を…自分が楽しまないとなかなかうまくいかない。こういう場所に慣れない有紀ちゃんがどういう風に対処するのかなと思ったら、この人やるなと。いける人だなと感じました」と太鼓判。「相当歌のシーンを把握しているんだなと感じた」と知識にも驚いていた。

TRFが登場した時には特にノリノリだった内田。「自分でもあんなに盛り上がると思わなくて。やっぱり世代なんだなと思いました」と話し、「久しぶりでもありましたし、頑張って2人の足を引っ張らないようにと思っていたんですけど、ついついしゃべりすぎてしまって、お二人に助けていただいて非常に貴重な経験をさせていただきました」と語った。

また、自身にとっての歌姫について、内田は「山口百恵さんが大好きです」と明かし、「ひたすら憧れ。あんなに潔い人はいないなと。10代の頃からすごく落ち着いた大人っぽい歌をいっぱい歌っていて、私が子供の頃に聞いてもちょっとドキドキするような大人の世界がわかるような、それでいて女性の強さやかっこよさを体現してらっしゃったのが山口百恵さんだったので非常に憧れました」と語った。

引用元