内田有紀、23年ぶり司会も「はしゃいでしまって…」 堺正章は太鼓判

内田有紀、23年ぶり司会も「はしゃいでしまって…」 堺正章は太鼓判

MCを務める(左から)宮迫博之、堺正章、内田有紀 (C)ORICON NewS inc.

写真を拡大

 タレントの堺正章、女優の内田有紀、お笑いコンビ・雨上がり決死隊宮迫博之がMCを務める、TBS系大型音楽番組第5弾『歌のゴールデンヒット 〜昭和・平成の歴代歌姫ベスト100〜』が、2月11日(後7:00〜11:07)に放送される。

 このほど、都内スタジオで収録を行った内田は、同番組で23年ぶり、TBS系では初となる司会を飾り「お二人に助けてもらいながら、非常に貴重な経験をさせてもらった」と恐縮しきり。一方で大の“歌謡曲マニア”とあって「ついついはしゃいでしまって、途中からは司会をしてるけど、お二人の間で楽しんでいました。自分でもあんなに盛り上がるなんて思わなくて、やっぱり世代なんだなって」と白い歯をみせていた。

 この日の収録では、内田の博識ぶりもあってスムーズに進行。堺も「ちゃんと主張しつつ、楽しみ方もわかってる」と歌番組司会としての力量を絶賛し「『この人はやるな、ソニー損保(のCM)だけじゃないぞ!』と思いましたね」とうなって、笑わせた。

 今回は「歌姫ゲスト」にイルカ、坂本冬美、TRFが出演し、「歌姫を愛するゲスト」として井森美幸、高見沢俊彦、立川志らく、土田晃之、ブルゾンちえみらが“歌姫”について思い出話に花を咲かせる。

 テーマになぞらえて、それぞれの「歌姫」を問われると、堺は「美空ひばりさん。歌声が時代を全部請け負ってくれるような魅力がある」と熱弁し、宮迫も「宇多田ヒカルさん。たまたま生で聴く機会があって、やっぱすごいなと再認識しました」と羨望の眼差しで語った。

 また、内田は「山口百恵さん。あんなに潔い人はいないですし、10代の頃から落ち着いた大人っぽい歌をうたっていて、女性の強さやカッコよさ体現していたので非常に憧れてました」と語り、自身の青春時代を回想していた。

引用元