ジェジュンも嵐にエール「解散じゃない、僕も待つ」

ジェジュンも嵐にエール「解散じゃない、僕も待つ」

韓国出身の歌手ジェジュン(33)が28日、27日に休止を発表した嵐にエールを送った。昨年11月にテレビ朝日系の音楽番組「ミュージックステーション」で共演した際には、楽屋にCDを持参してあいさつして談笑した。
「昨日、ニュースを見て驚きました。個人的に好きな先輩のグループですから。そこまでの判断をしたのは、理由があったんでしょう。20年という長い間、大切なアジアのファンを楽しませてきた。結論を出すのは難しいけど、嵐の1人、1人の考えた方を尊重したい。メンバー全員の考えがそろったのが、かっこいい。20年の友情、絆は深い。解散じゃないので、僕もずっと待つ。いつか悲しがっているファンの方へ戻ってきたら」と話した。
この日、千葉・幕張メッセでファンクラブ会員6500人を相手に、バースデイイベント「J−JUN MONDAY NIGHT うぃth JAEFANS 2019」を開催した。26日に誕生日を迎えて「僕の誕生日のお祝いに集まってくれてありがとう。いい歌を聞かせなくちゃ」と宣言。トークやゲームを楽しんで、今年の目標について「日本に来て1回も皮膚科に行ったことがない。今年は行ってみたい」と「信頼できる皮膚科探し」を目標に掲げて笑った。
ライブでは「Defiance」「Sign(short ver.)」「Forget me not」など全10曲を熱唱して、大歓声を浴びた。途中、日本で初となるソロアルバム「Flawless Love(フローレスラブ)」を4月10日に発売することをサプライズ発表した。ジェジュンは「日本でのソロアルバムを出してほしいという声が多かったので、やっと(ファンの)皆さんの願いをかなえてあげられた。楽しみにしています」と話した。
「Flawless−」という題名は「完璧な愛」を意味する。「ロックテイストからポップス、R&B、ダンス曲などいろいろなジャンルの曲なんですけど、愛の歌が多い。全曲聞くと、ワクワクから深い愛へ、そして別れて寂しくと、恋愛のスタートから終わりまでいろいろな愛を知ることができると思う」と説明した。
33歳の誕生日は、日本で友人たちと食事を楽しみながら祝ってもらった。「ご飯を食べながら、軽くお酒を飲んだんですけど、全く種類の違う友達同士が『どうも初めまして、よろしくお願いします』と新しい縁が生まれていました」と笑顔を見せた。そして「年は33歳ですが、気持ちは23歳で止まっています。若い気持ちで、新鮮なものを造って行きたい」と話した。
4月10日からは、日本全国6都市12公演のツアーが始まる。「今年は、去年は行っていない遠いところにも行くので、ファンに会えるのが楽しみですね。ツアーではアルバムのダンス曲を踊る予定です。5、6年くらい全く踊っていなかったので、久しぶりにどれくらい踊れるか楽しみですね」と話した。

引用元